【準硬式野球部】秋季リーグ戦開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

近畿六大学準硬式野球秋季リーグ戦が開幕した。初戦は和歌山大学に7-0で7回コールド勝ちし、新チームも順調にスタートを切った。第2戦対神戸市外国語大学戦が9月9日(月)に尼崎ベイコム球場で行われた。

先発投手は春季リーグ戦防御率0.00と実績のある崎山(人間科学部3年)。神戸市外国語大学は凡打の山でランナーを出すことができない。本学打線は1回から相手投手に襲いかかる。先頭の中口(人間科学部3年)がレフト線にツーベースを放つと四死球で満塁とし、小川(経済学部2年)がレフト前に2点タイムリーヒットを放ち先制する。2回は山本章(人間科学部1年)がセーフティバントで出塁すると、俊足を活かして立て続けに二盗、三盗。相手投手を揺さぶる。津島(人間科学部1年)がレフト前タイムリーで3点目。順調に得点を重ねる。


4回に入ると相手打線は目が慣れてきたか強い当たりが出始める。センターオーバーにヒットを浴びるが、中口、津島、橋本(人間科学部2年)とつないでホームでタッチアウト。失点を防ぐ。5回の攻撃は相手守備のまずさが出る。橋本のレフト前ヒットを後逸。大手(経営学部1年)のセンターフライを見失い1点が舞い込む。森(経営学部2年)のツーベースで2点、中口の犠牲フライでもう1点を追加して引き離す。

6回から投手が交代。谷口(情報社会学部1年)がマウンドに上がる。6回は無難に締めるが、7回は牽制悪送球とワイルドピッチで1点を与える。7回の守備から1年主体にメンバーが大きく変わる。危なっかしい場面はあるものの、好守も見られこの先に期待がかかる。8回から投手は加納(経営学部3年)に代わる。8回はきっちり抑えるが、9回は長短打を浴び2点を与える。しかし、後続を断ち7-3でゲームを終えた。

神戸市外国語大学 000000102 3
大阪経済大学   21004000× 7