【準硬式野球部】近畿六大学準硬式野球春季リーグ戦第3戦、難敵撃破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2019年3月17日(日)、近畿六大学準硬式野球春季リーグ戦第3戦が大阪シティ信用金庫スタジアム(舞洲)で行われた。相手は甲南大学。両エースが投げ合う投手戦が予想される好カードである。雨から晴れ、晴れからみぞれと天気、気温ともめまぐるしく変わる悪コンディションの中で試合は進んだ。吹奏楽総部、チアリーダー部が応援に参加する今年最初のSpecial応援day。チアリーダー部の応援に、近畿大学の学生が飛び入り参加するハプニングも(上手だったよ。準硬式野球をやめて、チアリーダーになってみる?)。

試合は5回表まで投手戦。本学はランナーもほとんど出せず、嫌な展開。5回裏、本学の攻撃が始まるとともに天気が急変。大粒の雨、みぞれの中、湿った打線が逆に着火。岩月(経済学部3年)のライトフェンス直撃の3塁打、成清(情報社会学部1年)のレフト犠牲フライで先取点をもぎ取る。

6回表、少し疲れが見えてきた崎山(人間科学部2年)に甲南打線も芯でとらえ始める。右中間に3塁打を打たれるが、内野ゴロでランナーを封殺し、得点を与えない。しかし、8回表。エラーで出たランナーに盗塁を許し、センター前タイムリーヒットでとうとう得点を許し、追いつかれる。だが、その後ダブルプレーに仕留め、逆転は許さない。

追いつかれたら突き放すとばかりに、8回裏、中口(人間科学部2年)のショートオーバーのクリーンヒット、谷口(人間科学部3年)のセンター前ヒット、鉾立(情報社会学部3年)のバントがエラーを誘い、無死満塁。ここで登場した代打中田(人間科学部3年)が放った打球は、ライトの頭をライナーで越える2塁打!3-1と甲南大学を突き放す。無死2,3塁。さあ続け!とボルテージが上がるが、ここで主審が何やら行ったり来たり。なんと、試合開始から2時間が経過したため、連盟規程により、ここで打ち切り。あっけない幕切れとなったが、見事に難敵甲南大学を撃破し、3月戦線を2勝1敗とした。4月から続く7戦の初戦は、最強のライバル近畿大学戦。是非とも勝利を収め、リーグ3連覇をぐっと引き寄せてほしい。

<近畿六大学準硬式野球春季リーグ戦第3戦の結果>

甲南大 000 000 01 1
大経大 000 010 02X 3