【サッカー部】リーグ制覇で1部リーグ復帰!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年11月18日(日)、「関西学生サッカーリーグ戦(後期)」、第10節、大阪産業大学戦が大阪産業大学生駒第9グラウンドで行われ、3-2で勝利し、最終節を残し、2部Aリーグ優勝を決め、1年で1部復帰を決めた。この試合は2点ビハインドと苦しい展開であったが、鮮やかな逆転勝利で優勝と1部復帰の花を添えた。

【第10節の結果】大阪経済大学 3-2 大阪産業大学
            (前半)0-0
            (後半)3-2

2018年11月24日(土)関西学生サッカーリーグ最終戦が本学摂津グラウンドで行われた。前節で優勝を決めた本学は、最終戦も勝利し、気持ち良くシーズンを終えたいところである。しかし、今日の相手は前期で敗戦を喫した大阪教育大学。気を緩めることはできない。

勝たなければ1部との入替戦の可能性がなくなる大阪教育大学は、開始から全力でぶつかってくる。開始3分にコーナーキックでピンチを迎えたが、♯21GK宮内(経4)がボールを抑える。5分にもシュートを浴びるがゴールのはるか上。失点を免れる。中盤になり、チャンスが訪れる。前半29分、相手ディフェンスのチャージにイエローカードが出され、フリーキックを得る。蹴るのは、得点ランキングトップの♯8FW島田拓(経4)。ペナルティエリア右寄りから小細工なしの弾丸シュートは、ディフェンスの壁の左上を抜け、鋭くサイドネットに突き刺さる。幸先よく先制点をあげた。勢い付いた本学は、ゴール周辺で短くパスをつなぎ、最後は左サイドから♯11FW田上(経4)が滑り込んでシュートを放つもキーパーに阻まれる。以降は両者決め手を欠き、1-0で前半を終える。

後半も前半終盤と同じような展開で、両者がボールを取り合う膠着した展開となる。後半18分左サイドに展開されたボールを♯33DF木村(経2)がゴール前に折り返し。そのボールにFW島田拓がドンピシャのタイミングでヘディングシュート。お手本通りの叩きつけられたボールはそのままゴールに吸い込まれる。2-0。待望の追加点に、チームは湧き上がる。終了間際、攻撃は最大の防御とばかりに怒涛の攻めを見せる。FW島田拓からパスを受けたFW田上がシュートを放つも相手GKがキャッチ。続けて♯3DF西岡(経4)から受けたボールを♯26MF武田(人4)がシュートまで持ち込むが枠の外。さらにハットトリックを狙うFW島田拓がドリブルで中央に切れ込んでシュートを放つが得点ならず。♯7MF山村(経4)は前期負傷をした相手に最後まで臆することなく立ち向かい、♯5DF池澤(経4)は自慢のスピードでサイドを駆け上がり、♯25FW坊(営4)は前線から献身的なプレーでチームを助ける。気が付けば45分を経過し、終了のホイッスル。今シーズン最終戦は2-0で快勝した。引退試合となった4年生が活躍し、ここ数年勝てなかった大阪教育大学に対して、そのジンクスも破った。彼らは1部昇格だけでなく、また新たな歴史を後輩たちへとしっかりと示したといえる。

来シーズンは、強豪ひしめく1部リーグに再チャレンジ。厳しい闘いが待っているが、全力でぶつかっていってほしい。頑張れ、サッカー部!

【最終節の結果】大阪経済大学 2-0 大阪教育大学
           (前半)1-0
           (後半)1-0

最終順位(前期)>第3位( 8勝2敗1分:勝ち点25)
最終順位(後期)>第1位( 9勝1敗1分:勝ち点28)
最終順位(通年)>第1位(17勝3敗2分:勝ち点53)