【ハンドボール部】全日本学生選手権、4大会ぶりの初戦突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年11月10日(土)全日本学生ハンドボール選手権大会1回戦が丸善インテックアリーナ大阪で行われた。今年のインカレは大阪での開催とあって多くの保護者、OBらが応援に駆けつけた。対戦相手は金沢大学。全く未知の相手だけに油断は禁物である。

試合開始当初はお互いに硬さが見られ、なかなか得点できない。徐々に金沢大学がシュートを打ち始めるが、キーパー小玉(人間科学部4年)がゴール前に仁王立ちし、次々とボールを弾く。小玉のプレーに触発されたか、次々とシュートを打ち始める。土田(人間科学部4年)がオーバースロー、アンダースローで豪快、華麗にシュートを決めると鶴田(人間科学部3年)、村木(経済学部4年)が続く。しかし、開始直後と終盤に得点できず、前半を13-7で終える。

後半も開始直後は膠着状態。5分が過ぎ、ゲームが動き始める。困った時の土田頼みで、土田が相手ディフェンスを引きずりながらシュートを決めるとチームが着火。小玉が1対1のシュートを止めると吉村(経済学部3年)、土田、梶本(経済学部3年)、米田(経済学部3年)が次々とシュートを決める。気がつけば、すでに26-14。ここで相手はたまらずタイムを要求。その後も流れは変わらず32-18でゲームセット。4大会ぶりにインカレ1回戦を突破した。

<全日本学生ハンドボール選手権大会1回戦の結果>

 大阪経済大学 32-18 金沢大学
     前半 13- 7
     後半 19-11