【硬式野球部】(秋季リーグ戦)最終節:京産大に惜敗、雪辱は来春に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年10月13日(土)、14日(日)、関西六大学野球秋季リーグ戦、最終節、京都産業大学戦が皇子山総合運動公園野球場で行われ、対戦成績0勝2敗となり、勝ち点を奪うことができなった。

最終節(1回戦)の結果
  京産大 001 000 010 2
  大経大 000 000 000 0

本節で勝ち点を挙げれば、3位(Aクラス)となる経大。優勝はなくなったものの、一つでも上の順位を目指すべく、チーム一丸となって優勝候補の京都産業大学に挑む。1回戦の先発は、大学野球ラストシーズンの絶対的エース平田(人間科学部4年生)。これまでの想い、両親への感謝の想いを胸にマウンドに上がる。怪我で出遅れた秋季リーグ戦。肩の状態が不安視されている中、ラスト登板を告げる第一球を投げ込む。不安は一掃された。その姿は輝きを取り戻したエースの姿であった。

先制点は与えたくない経大だが、3回、先頭8番にヒットを許し、9番が犠打で確実に送る。続く1番、2番と二者連続で四球を許してしまい、一死満塁としてしまう。ここはエースのプライドで踏ん張りたいところであったが、相手3番に犠飛を許し、1点を先制されてしまう。しかし、後続はしっかりと打ち取り、これ以上の得点は与えない。

1点を追う展開となった経大。エースを援護したい野手陣は懸命に相手投手に食らいつくが、なかなかチャンスを作れずにいた。しかし、7回、経大に大チャンスが訪れる。4番大村凌(経済学部3年生)がヒットで出塁すると、続く喜多(経営学部2年生)ヒットで続き、無死一二塁とする。このチャンスで6番井関(経営学部3年生)に代わり、代打に橋本(経営学部3年生)を送る。自らの役割を理解している橋本へのサインは送りバント。これを見事に成功させるだけではなく、自らも塁に残り、無死満塁のビックチャンスを演出する。このチャンスに7番菱川(経済学部3年生)が放った打球はセカンドへの高いゴロ、ホームをつけるかと思ったが、相手の好守に阻まれ、一死満塁となる。続く8番三浦(経済学部1年生)は粘りを見せるも、センターへの浅いフライでランナーが動けず、二死満塁となる。ここで女房役の9番小田(経済学部3年生)。エースのためにと振り抜いた一打は二遊間へ。センターへのタイムリーと誰もが思ったが、またも相手の好守で二塁封殺。無死満塁のビックチャンスを逃してしまう。直後の8回、相手の攻撃、粘り続けた平田だったが、相手5番に痛恨のアーチを叩き込まれてしまう。しかし、ここでも平田は後続を断ち、打線の援護を待つ。8回、一死から2番、3番、4番の三者連続四球で再び一死満塁の大チャンスを迎える。今度こそ、このチャンスをものにしたい経大だったが、5番喜多、6番橋本が連続三振に倒れ、無得点に終わる。平田は9回もゼロに抑え、味方の反撃を待ったが、このまま試合終了となり、1回戦を落とした。

最終節(2回戦)の結果
  大経大 000 000 000 0
  京産大 010 000 00X 1

負ければ、京都産業大学の優勝が決まってしまう2回戦。何とか目の前での胴上げを阻止したい経大は次世代エースの内林(人間科学部2年生)がマウンドに立つ。早い回に内林を援護したい経大は初回、二死から3番西郷(経済学部2年生)が内野安打で出塁するも無得点に終わる。先発の内林は、初回からヒットと四球でピンチを招くも、空振り三振で何とか切り抜ける。しかし2回、相手7番にツーベースヒットを打たれると、続く8番に初球を完璧に捉えられ、レフトへタイムリースリーベースヒットを浴び、先制点を許してしまう。続く9番に四球を与えてしまい、無死一三塁と再びピンチを招くも、関六一の強肩で高校の先輩でもあるキャッチャー小田が盗塁を刺し、後輩のピンチを救い、この回を最少失点で切り抜けた。

反撃したい経大であったが、相手4年生投手のピッチングに翻弄され、チャンスすら作れない状況が続く。内林も3回以降、ヒット1本に抑える好投をみせ、白熱した投手戦となっていった。8回相手の攻撃、内林に代わってマウンドに上がるのはこのリーグ戦で引退となる4年生絶対的エースの平田。相手3番にツーベースヒットを打たれるも、後続をしっかり打ち取り、エースとしての最後の役割を果たす。

最後まで諦めない経大は9回、一死から4番大村凌が死球で出塁する。5番菱川は三振に倒れるも、二死一塁の場面で4年生の今井(経営学部4年生)が打席に入る。4年間の思いを胸に立った学生野球最後の打席でライト線に痛烈なヒットを放ち、二死一三塁のチャンスを作る。ここで打席に入るのは4年生の木村(経済学部4年生)。仲間から愛された木村が打席に入ると、ベンチ、スタンドは最高潮の盛り上がりを見せる。仲間の想い、両親への感謝の気持ちを込めてスイングする姿は感動以外の何物でもない。様々な感情が交錯する中、必死に粘るも空振り三振に打ち取られゲームセット。この瞬間、京都産業大学の5季ぶりの優勝が決まった。目の前で喜びを爆発させる京都産業大学ナイン。相手を称えつつも、悔しさを噛みしめ、来春のリベンジを誓い、秋季リーグ戦の幕が閉じた。

秋季リーグの最終結果
 優勝:京都産業大学(10勝3敗:勝ち点5)
 2位:大阪商業大学( 9勝2敗:勝ち点4)
 3位:神戸学院大学( 6勝7敗:勝ち点2)
 4位:大阪経済大学( 5勝8敗:勝ち点2)
 5位:龍谷大学  ( 4勝9敗:勝ち点1)
 6位:大阪学院大学( 4勝9敗:勝ち点1)

<報告・文責:硬式野球部マネージャー>

4年生の秋まで頑張った主務の羽場(経営学部4年生)、平田、木村、今井の4名には心から拍手を送りたい。最後までよく頑張った。8回の最後の守備で絶対的エース平田が連投となる登板、最終回の攻撃、今井、木村の4年生に打席が回るという奇跡。最後まで頑張り抜いた4年生へ、野球の神様がくれたご褒美に違いない。そして、マネージャーとして、主務としてチームの運営、裏方に徹した羽場の働きを忘れてはいけない。それぞれの役割を認識して、それを全うした4年生、本当に4年間お疲れさまでした。3年生以下、後輩たちはこの秋季リーグ戦での戦いを忘れずに、厳しい一冬を過ごし、2019年度は歓喜の春を迎えてもらいたい。みんなの成長した姿を見れることを楽しみにして、春を待ちたいと思う。