【硬式野球部】(秋季リーグ戦)第5節:大商大に連敗も、確かな手ごたえ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年10月1日(月)、5日(金)、関西六大学野球秋季リーグ戦、第5節、大阪商業大学戦がほっともっとフィールド神戸およびわかさスタジア京都で行われ、対戦成績0勝2敗となり、勝ち点を奪うことができなった。

第5節(1回戦)の結果
  大経大 000 000 000 0
  大商大 000 000 10X 1

王者大商大を相手に1回戦の先発は左のエース内林(人間科学部2年生)。序盤から苦しい投球が続く。2回、相手4番にライトへツーベースヒットを打たれると、続く5番に犠打を決められ、一死三塁とされる。さらに続く打者に四球を与えてしまい、一死一三塁のピンチを招いてしまうも、続く打者をセカンドゴロの併殺でピンチを切り抜け先制点は与えなかった。その後も走者は出すものの強気のピッチングで相手打線を無得点に抑えていく。

一方、経大の攻撃も5回までなかなかチャンスを作ることができず、相手のプロ注目投手に翻弄されてしまう。6回、9番青木(人間科学部2年生)がライトへヒットを放つとその打球処理をもたつく間に一気に二塁を陥れる。続く1番津田はライトフライに打ち取られるも、青木は三盗を決め、勝利への執念を魅せるも、後続が三振に倒れ、得点には至らない。両チームの投手陣が気迫の投球で、緊迫した投手戦へ。

しかし7回、相手5番に四球を与えてしまうと、ここでも確実に犠打を決められ、一死二塁と得点圏にランナーを進められてしまう。ここで相手代打に痛恨のタイムリーツーベースヒットを浴び、試合終盤に重い1点を与えてしまう。残された2回で懸命の攻撃を見せるも、得点につながる一打が出ず、そのまま試合終了。悔いの残る一戦となってしまった。

第5節(2回戦)の結果
  大商大 000 003 000 01 4
  大経大 100 000 200 00 3

あとがない経大は今日こそ商大に勝利し、3回戦に望みをつなげたい。初回、3番西郷(経済学部2年生)がライトへヒットで出塁すると、続く大村(経済学部3年生)が四球を選び二死一二塁とチャンスメイクに成功。このチャンスに5番喜多(経営学部2年生)が値千金のレフトへのタイムリーヒットを放ち、大商大から先制点を奪う。この先発も1回戦完投の内林。安定感抜群の投球で相手打線を5回まで無失点に抑える。好投の内林を楽にするために追加点を取りたい経大は毎回チャンスを作るも得点には至らない。6回、相手の攻撃、テンポ良くアウトを重ねるも、二死からヒットを許してしまうと、そこからまさかの5連打を浴び、3失点で逆転を許してしまう。

終盤で2点差をつけられ、厳しい状況に追い込まれるも、7回、9番小田(経済学部3年生)のショート強襲の内野安打で出塁する。続く打者が三振に倒れるも、2番に入った青木が初球をライト前へ、3番西郷(経済学部2年生)の絶妙なセフティーバントが内野安打となり一死満塁の大チャンスを迎える。ここで相手チームはエースが登板する。エース対4番大村の対決となる。大村の放った打球はレフトへの犠牲フライとなり1点を返す。なおも続くチャンスでタイムリーを放っている喜多が打席へ。気合いで振り抜いた打球はピッチャー強襲のタイムリーとなり、3-3の同点に追いつく。このまま一気に逆転といきたところだったが後続が続かず。その後も両投手の好投で延長戦までもつれ込む接戦となるも、試合開始から3時間が経ち連盟規定により12回からタイブレーク(無死一二塁からの攻撃)となる。

12回表、相手は犠打で一死二三塁とチャンスを広げる。ここまで投げ抜いてきた内林の178球目。相手の3番打者にライトへタイムリーを浴び、1点を奪われる。ここで内林に代わって西(経営学部2年生)が登板する。ピンチの場面で登板した西は4番を併殺に打ち取り、1失点で乗り切る。その裏、経大も2番青木がきっちり犠打を決め一死二三塁のチャンスを作る。3番西郷の場面でスクイズを仕掛けるもファールになってしまう。フルカウントまで粘ったものの三振に倒れてしまう。二死となり4番キャプテンの大村に打席が打席へ。積極的に初球から打つもショートゴロに倒れゲームセット。タイブレークの末、3-4で敗戦となった。

<報告・文責:硬式野球部マネージャー>