【ラグビー部】リーグ戦(第1~3節):沈黙の3連戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年度関西大学ラグビーリーグ戦が開幕し、
9月16日(日)・9月23日(日)・10月6日(土)の日程で第1戦~第3戦が行われた。
結果は開幕3連敗であり、強豪相手なのでやむを得ない部分もあるとはいえ、
非常に残念な内容と試合結果となった。

この試合結果を全く予想していなかったと言えば嘘になる。しかし、あまりにも一方的であった。
こちらの得点は第1戦での1トライのみ。他2試合は完封負けという直視しがたい内容である。

どの試合も本学サイドのベンチは人数が少ないこともあるが、非常に静かであった。それに対してグラウンドに響くのは相手チームベンチの声や応援の声ばかり…
連敗中の雰囲気によるベンチ内の重苦しい空気が支配しており沈黙の時間が続く。
しかし本来の実力であれば、上位チームでもそれほど大きな差があるとは思えない。原因として考えられるのは春のトレーニング期間を活かしきれなかったため想定より体が大きくならなかったことや、
ケガによる主力メンバーの離脱が続出していることなどが考えられる。
これらのことから、この3試合は指導者の立てる戦術云々の域を超えていた。

敗戦の過去は変えられない。この先は目標の5位になるために、どの試合も落とせないものばかりである。
自分達を支えてくれている指導者、控えの選手、マネージャー、保護者、OB、大学関係者等の想いを
しっかりと受け止め、もう一度全員で『勝つために何が必要なのか』を改めて考えてもらいたい。
頑張れ、BLUE EAGLES!

【第1節の結果】大阪経済大学7-95龍谷大学
          (前半)0-48
          (後半)7-47

【第2節の結果】大阪経済大学0-125摂南大学
          (前半)0-61
          (後半)0-64

【第3節の結果】大阪経済大学0-76花園大学
          (前半)0-45
          (後半)0-31