【準硬式野球部】息詰まる接戦、最後に力尽きる…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年8月20日、文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会が静岡県菊川球場で行われた。対戦相手は法政大学。関東、関西のリーグ戦勝率9割同士の対決。1回戦からいきなり大一番である。

序盤、両者とも先発ピッチャーに押さえられ、投手戦となる。本学のピッチャーは千葉(人間科学部4年)。自分のリズムでテンポよく、ポンポン投げ込んでくる。試合が動いたのは6回。原口(経済学部3年)がライト前ヒットで出塁。デッドボール、バントで一死二三塁から谷口(人間科学部3年)の当たりはボテボテのサード前内野安打。これで均衡が破れ、先制点を取る。橋本(人間科学部1年)のサードへの強襲ヒットでもう1点をもぎ取り2-0。しかし、その裏、法政大学はヒット3本、ツーベースを集めて打者一巡の猛攻。4点を失い2-4と逆転される。

7回からピッチャーは﨑山(人間科学部2年)に交代。ランナーは出すものの0点で切り抜ける。そして9回。このまま敗戦濃厚と思われたが…ワンアウトから代打中田(人間科学部3年)が右中間を破るツーベースで打線が着火!三村(経済学部3年)が四球を選んで1,2塁。関(経済学部4年)が叩きつけるバッティングでセンター前に運び3-4。あと1点。米田(経営学部4年)がセカンド内野安打でついに同点。スタンドは大興奮状態。勢いに乗り中口(人間科学部2年)もセンター前にヒット!とうとう逆転!5-4。

しかし、このまま簡単に勝たせてもらえないのが全国の舞台。﨑山はピッチャー頭上を越えようかという当たりをジャンプでキャッチしワンアウト。ここから2四球、ヒットで満塁。中野監督がタイムを取って間合いを取るが、押し出しの四球で同点、最後はライト前にしぶとく持っていかれ、サヨナラ負け…壮絶な試合は、残念ながら5-6で敗戦となった。

大阪経済大学 000 002 003  5
法政大学   000 004 002X 6