【弓道部】[女子]第66回全日本学生弓道選手権大会の結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年8月14日(火)、15日(水)、第66回全日本学生弓道選手権大会が名古屋市日本ガイシホールで行われた。

8月14日は団体戦。女子214チームが参加した。団体戦は各チーム3名が4射し、的中数で競われる。本学チームは蔵野(人間科学部4年)が2中、石川(経済学部4年)が1中、野間(経済学部4年)はパーフェクトの4中で合計7中となった。予選通過ラインは8中。悔しい予選落ちとなった。

【団体戦予選】
 蔵野 のどか(人間科学部4年生):××○○
 石川 公美子(経済学部4年生) :×××○
 野間 しほ(経済学部4年生)  :○○○○

<結果>12射中7中⇒予選敗退

続く、8月15日は個人戦。女子360名が参加した。個人戦はまず一人2射ずつ射るが、外した時点で敗退。その後は1射ずつを繰り返す。1射たりとも外せない緊張状態がひたすら続く。1射目、杉岡(経営学部2年)、石川(経済学部4年)は当てるが、大橋(経営学部2年)、岡田(人間科学部3年)、和田(人間科学部4年)は外す。杉岡、石川は2射目も当てる。大橋、和田は敗退が決まっているが意地を見せ2射目を当てる。ここから1射ずつの勝ち残り。3射目、杉岡、石川ともに当てる。この時点で残り約50名。場内のざわめきが徐々に静まる。4射目、杉岡が外すが、石川は周囲が射終えたのを見てから構えに入る。静寂の中、命中。さらに5射目も同じように仕留める。ここで的が小さい物に変更される。期待が高まるが、ここで的を僅かに外し敗退。この時残り約20名。残念ではあるが見事な闘いぶりであった。

【個人戦予選】
 石川 公美子(経済学部4年生):○○
 和田 実莉(人間科学部4年生):×○
 岡田 彩乃(人間科学部3年生):××
 大橋 加奈(経営学部2年生) :×○
 杉岡 亜純(経営学部2年生) :○○

<結果>石川・杉岡が決勝射詰に進出

【決勝射詰】
 石川 公美子(経済学部4年生):○○○×
 杉岡 亜純(経営学部2年生) :○×

<結果>決勝射詰敗退

9月からリーグ戦が始まる。ここで結果を残し、11月に伊勢神宮で行われる王座決定戦に今年も進んでもらいたい。