【サッカー部】リーグ戦(前期):第10節の結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年6月3日(日)「関西学生サッカーリーグ戦(前期)」、第10節が本学摂津グラウンドで行われた。対戦相手は、現在首位を走る大阪産業大学。大阪産業大学とは、一昨年の秋に1部リーグ昇格を決める最終戦で合見え、胴上げが行われて以来の試合である。現在、本学は3位。是が非でも勝って間を詰めたいところである。

前半の序盤は、互いにボールを取り合う互角の展開。前半10分、相手のファールから、いい位置でフリーキックを得る。軽く上げたボールに合わず、得点とはならない。相手は長めの縦パスを繰り出してくるが、ディフェンダー、キーパーがクリアし得点を許さない。前半23分、ディフェンダーからの縦に長いボールを#22西脇(経済学部3年生)がセンタリング、#8島田拓(経済学部4年生)が右足でゴールネットに突き刺し、先制点を奪った。流れは本学に傾きつつあった前半31分、プレスをかけたがファールとなりペナルティエリア外でフリーキックを与えてしまう。相手フリーキックにキーパー#1田中大(経済学部1年生)がうまく反応するが、手のわずかに上をすり抜け、ゴール左上に決められ失点。同点に追いつかれてしまう。この後は両者譲らず前半を1-1で折り返す。

後半の序盤は相手ペース。ゴール前にボールを持ち込まれるが、クリアする場面が何度か続く。しかし、後半9分、#17島田直(経済学部2年生)が右サイドに持ち込んだところ、相手ディフェンダーがたまらずファール。フリーキックを得る。#17島田直の放った低い弾道のフリーキックに飛び込んだ#4谷山(経営学部3年生)が頭で合わせて追加点を得る。

その後もゴール前に迫るが、ディフェンダー、キーパーに阻まれてしまう。このあたりから相手に徐々に疲れが見え始め、本学ペースとなる。時々冷や冷やする場面はあるものの、ディフェンダー、キーパーが確実にボールを処理し、失点を防ぐ。後半43分左のショートコーナーから#6音田(経済学部3年生)が豪快なシュートを放つがバーの上を通過。3点目はお預けとなる。そして、レフリーのホイッスル。2-1で本学の勝利となった。

これで、7勝2敗1分 3位。一部リーグ復帰に向けて着実に前進してほしい。

【第10節の結果】大阪経済大学 2-1 大阪産業大学
            (前半)1-1
            (後半)1-0

現在の順位】第3位(7勝2敗1分:勝ち点22)

≪前期最終節の日時≫
[日時]2018年6月3日(日)13時キックオフ
[会場]姫路獨協大学北グラウンド
[相手]姫路獨協大学