【硬式野球部】(春季リーグ戦)第7節:最後に意地、龍大に連勝で勝ち点獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年5月14日(月)、16日(水)、関西六大学野球春季リーグ戦、第7節、龍谷大学戦が南港中央野球場で行われ、対戦成績2勝0敗で、勝ち点を獲得した。

第7節(1回戦)の結果
  龍谷大 000 000 000 0
  大経大 000 140 00X 5

経大にとって最後の節となる龍谷大学戦。何としても初戦を取りたい経大はエース平田(人間科学部4年生)が先発のマウンドへ。初回、ヒットを許すも後続を打ち取り、無難な立ち上がりをみせる。何とか先制点を奪いたい経大であったが、初回は三者凡退、その後も相手投手に抑え込まれ、両チーム0行進が続く。4回裏、経大の攻撃。4番福田(情報社会学部3年生)が四球で出塁すると5番西郷(経済学部2年生)がきっちりと犠打を決める。続く6番奥田(経済学部3年生)がレフトへヒットを放ち一死二三塁のチャンスを迎える。7番井関(経営学部3年生)は三振に倒れるも、8番小田(経済学部3年生)の打席で相手バッテリーのミス(パスボール)が出て運よく先制点を奪った。5回表、得点を挙げた直後の相手チームの攻撃を無得点で切り抜けた経大は、この回先頭の8番小田がレフトの頭上を超える二塁打を放ち、打線に火をつける。相手チームのフィルダースチョイスと3連打で一挙4得点のビックイニングを作り、5-0と相手を突き放した。この日の平田には十分すぎる援護点。ストレートと伝家の宝刀のスライダーを軸に相手打線を散発4安打に抑え込み今リーグ初完封勝利を飾った。

第7節(2回戦)の結果
  大経大 000 021 001 4
  龍谷大 001 010 000 2

連勝で一気に勝ち点を奪いにいきたい経大の先発は内林(人間科学部2年生)。1、2回を無難に立ち上がるも、3回、8番にセンター前ヒット、9番にツーベースを許し、先制点を許してしまう。早く追いつきたい経大は5回、8番小田が出塁すると、9番青木(人間科学部2年生)がこれまでの鬱憤を晴らすツーランホームランを叩き込み逆転に成功。その裏、同点に追いつかれてしまうも、6回、3番大村凌(経済学部3年生)がショートへの内野安打で出塁する。4番福田がきっちりと犠打を決め、一死二塁と得点圏にランナーを進める。ここで5番西郷(経済学部2年生)がセンターへタイムリーツーベースを放ち、勝ち越しに成功する。先発の内林はランナーを出すも、何とか凌ぎ、6回以降無失点に抑える。最終回、ダメ押し点が欲しい経大は、5番西郷がレフトへのツーベースヒットで出塁、その後三塁へ進塁し、一死三塁のチャンスとなる。ここで7番岩切(経済学部2年生)がスクイズを決め、貴重な追加点を挙げ、リードを2点に広げた。粘投する内林は最終回もマウンドへ上がる。相手の粘りに苦しめられるも、156球の熱投で今リーグ戦初勝利を完投で飾った。

これで春季リーグ戦全試合が終了いたしました。今季もたくさんの応援ありがとうございました。今後とも応援よろしくお願い致します。

<報告・文責:硬式野球部マネージャー>

星取表