【硬式野球部】(春季リーグ戦)第5節:あぁ無情、手中に収めかけた勝ち点がするり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年5月5日(土祝)、6日(日)、8日(火)関西六大学野球春季リーグ戦、第5節、神戸学院大学戦がわかさスタジア京都で行われ、対戦成績1勝2敗となり、勝ち点を奪うことができなった。

第5節(1回戦)の結果
  神院大 001 010 000 2
  大経大 103 000 05X 9

今節こそ勝ち点を狙う経大は気合いをいれて1回戦に挑む。初回、先頭の室山(人間科学部2年生)が初球を叩き、ライトへのヒットで出塁すると、続く津田(経済学部3年生)の鋭い打球が相手のエラーを誘い、無死一二塁とする。3番西郷(経済学部2年生)が犠打を決め、初回から一死二三塁のチャンスを迎える。ここで4番指名打者の福田(情報社会学部3年生)が先制のライトへタイムリーヒットを放ち、幸先のいいスタートを切った。一方、先発エース平田(人間科学部4年生)は、この先制点を守りきりたいところだったが、3回、相手9番にライトへヒットを許すと、続く1番、2番に連打を許し、3連打で同点に追いつかれてしまう。しかし、その裏、すぐさま反撃に転じる。4番福田が死球で出塁すると、5番大村凌(経済学部3年生)がセンターへのヒットを放ち、一死一二塁とする。このチャンスに6番奥田(経済学部3年生)がセンターオーバーのタイムリーツーベースヒットを放ち、勝ち越しに成功する。続く7番井関(経営学部3年生)は四球を選び、一死満塁の大チャンスを迎える。1点でも多く追加点を取っておきたい場面で8番小田(経済学部3年生)がきっちりとレフトへの犠牲フライを放ち、追加点を奪う。今日の経大打線はまだ途切れない。続く9番青木(人間科学部2年生)がボールを見極め、四球を選び、再び満塁のチャンスを演出する。このチャンスに1番室山がピッチャー強襲のヒットを放ち、さらに追加点。この回一気に3点を奪う攻撃を見せた。3点をリードする経大だったが5回に大ピンチを迎える。先頭打者をエラーで出塁させると、内野安打と四球で無死満塁としてしまう。しかし、ここでエース平田が気迫の投球を見せ、続く打者を空振り三振、ライトフライに打ち取り、二死までこぎつける。しかし、相手4番に不運な内野安打を許し、1点を返されるも、相手走者の判断ミスがあり、挟殺で無死満塁の大ピンチを1点で切り抜けた。続く相手打線を6回から山本(経営学部3年生)、8回から東野(人間科学部3年生)がしっかりと抑え、これ以上の追加点を許さなかった。しっかりと勝利を掴みたい経大打線は8回に再び猛攻を見せる。1番室山が四球を選び出塁すると、2番津田がセンターへヒットを放ち、無死一三塁とする。ここで代打今井(経営学部4年生)の放った強烈な打球がファーストのエラーを誘い1点を追加する。なおも続くチャンスで5番大村凌が左中間を深々と切り裂くタイムリースリーベースヒットを放ち、2点を追加する。さらに途中出場の岩切(経済学部3年生)がサード線を抜くタイムリーツーベースを放ち1点追加。止まらない経大打線は、締めに8番小田がライトオーバーのツーベースを放ち、この回一挙5得点。相手の息の根を完全に止め、大勝利を収めた。

第5節(2回戦)の結果
  大経大 000 000 000 0
  神院大 100 014 03X 9

1回戦に大勝し、このまま勢いに乗りたい経大は初回、一死から2番津田がライトへヒットを放ち、出塁するも、相手投手の前に後続がつづかず無得点に終わる。その裏、経大先発内林(人間科学部2年生)が先頭にヒットを許してしまう。続く2番にきっちりと送りバントを決められ一死二塁。3番を三振に仕留め二死とするも、4番にレフトへタイムリーツーベースを浴び先制を許してしまう。このあと、両チームヒットは出るも得点には至らず、こう着状態となる。試合が動いたのは5回、相手チーム先頭にヒットを許すと、3番、5番にもヒットを浴び、追加点を許してしまう。まずは1点を返したい経大は6回、先頭の青木がエラーで出塁するも、併殺を喰らい三者凡退に終わってしまう。もう1点も与えれない経大は、先発の内林から前平(経営学部3年生)、そして東野へと必死の継投を見せるも、相手打線を抑えきれず、痛恨の4失点を喫してしまった。もうあとがない経大は7回、先頭の西郷が内野安打で出塁するも、またしても併殺を喰らい二死ランナー無しとなるも、5番大村凌、6番奥田の連打で二死二三塁のチャンスを作る。このチャンスを是が非でもものにしたい経大であったが、次の打者がファーストゴロに打ち取られ無得点に終わってしまう。8回、相手チームの攻撃。山本亘(経営学部3年生)に交代するも、先頭にヒットを許すと、4連打を浴び、ダメ押しの3点の追加点を許してしまった。最終回、一死から3番西郷がライトにヒットを放ち、粘りを見せるも、最後まで相手先発投手を捕まえきれず、0-9で敗戦となった。

第5節(3回戦)の結果
  神院大 100 101 070 10
  大経大 001 060 000 7

3回戦は雨天中止。1日の休息が与えられ、2回戦の敗戦から気持ちを整理して、勝ち点を獲得を賭けた3回戦に挑んだ。初回、エース平田が先頭打者にセンターにヒットを許すと、2番に送りバントを決められ一死二塁とされる。3番をセカンドフライに打ちとるも、4番にタイムリーツーベースヒットを浴び、先制を許してしまう。すぐさま追いつきたい経大であったが、相手先発は2回戦で完全に封じ込まれた難敵。初回、2回と三者凡退に退けられ、重苦しい雰囲気となりかけるが、3回、一死から8番小田が右中間を真っ二つに破るツーベースヒットで出塁する。その後、犠牲フライとと四球で二死一三塁のチャンスを迎える。ここで2番津田がレフト前へタイムリーヒットを放ち同点とする。この後、4回に相手1点を奪われ勝ち越しを許すも、5回、またも一死から番小田がセンターへヒットを放つと、連打に四球も絡み、この回ヒット5本を集中。一挙6得点のビッグイニングを作り、2回戦の借りをきっちりと返した。この後、6回に1点を返されるも、4点リードで終盤戦を迎える。このまま勝ち切りたい経大だったが、8回、相手チームの猛攻を喰らってしまう。連打と四球で無死満塁のピンチ。ここでエース平田から内林、さらに平木にスイッチするも、相手の勢いは止められず打者一巡の猛攻を受けてしまう。悪夢のような7失点。一気に7-10と逆転を許してしまった。その裏、先頭の6番福田が死球で出塁すると、ここで圧倒的かつ爆発的なスピードを持つ長谷川(経営学部4年生)が代走へ。貫録で盗塁を決め、チームを鼓舞するも、後続が続かず無得点に終わってしまう。なんとか逆転を狙う経大は最後の攻撃、先頭の室山がライトへのヒットで出塁するも、ここでも後続が続かず無得点。無情にも試合終了となり、掴みかけた勝ち点がするりとこぼれ落ちた。

<報告・文責:硬式野球部マネージャー>

開幕戦で王者大阪商業大学から勝ち点を奪う好スタートを切ったが、その後の大阪学院大学戦、京都産業大学戦、神戸学院大学戦では勝ち切ることができずに、残念な結果となってしまった。リーグ戦を戦い抜く難しさ、厳しさを改めて思い知らされたように思う。確かに内容が良くない試合もあったが、完全に力負けをしたとも思えない。大阪商業大学は偶然に勝ち点を奪える相手ではない。力がついてきている証拠である。ただ、勝ち切れない現状について、要因は必ずある。とにもかくにも、残り龍谷大学戦を残すのみとなった。最後の最後まで全力で戦い抜き、そしてすぐに秋季リーグ戦の準備をしてほしい。

現在の星取表