【硬式野球部】(春季リーグ戦)第4節:京産大に連敗で優勝争いから後退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2018年4月21日(土)、22日(日)、関西六大学野球春季リーグ戦、第4節、京都産業大学戦がほっともっとフィールド神戸で行われ、対戦成績0勝2敗となり、勝ち点を奪うことができなった。

第4節(1回戦)の結果
  京産大 000 100 111 4
  大経大 000 000 000 0

第2節の大阪学院大学戦で勝ち点を落とし、後が無くなり勝ち点を全力で奪いに行く1回戦。経大は初回、エース平田(人間科学部4年生)が相手打線を三者凡退に打ち取る最高の滑り出しを見せた。この流れに乗りたい経大は3回、西郷(経済学部2年生)のセンター前と大村凌(経済学部3年生)のセカンドエラーで二死一二塁と先制点のチャンスを迎えた。しかし、5番井関(経営学部3年生)が三振に倒れ、無得点に終わる。その裏、相手チームの攻撃。先頭の3番にスリーベースを許し、無死三塁のピンチを迎えた。続く4番をサードゴロに仕留め一死三塁。このまま無得点で乗り切りたかったが、5番にライトへのタイムリーヒットを浴び先制点を許してしまった。早く追いつきたい経大打線はヒットで出塁するも、相手投手の粘りの投球の前に無得点に終わってしまう。逆に7回、8回にも得点を許し、突き放されてしまう。9回からエース平田に代わり、今大会初登板の平木(経済学部2年生)に継投。無得点に抑えたかったが9番のツーベースと2番のレフト前タイムリーで更に追加点を許し、4点ビハインドで最終回を迎える。最終回に同点、逆転を狙った経大であったが、三者凡退に終わり完封負けを喫してしまった。

第4節(2回戦)の結果
  大経大 000 010 100 2
  京産大 300 101 20X 7

2回戦はSpecial応援Day。体育会本部、チアリーダー部、吹奏楽総部の皆さんが応援に駆けつけてくれ、ALL大経大でチームを勝利を後押ししていただいた。何がなんでも勝って3回戦に繋げたい経大の先発は内林(人間科学部2年生)。ここまで抜群の安定感で防御率はなんと0.51。この日も、経大の勝利を目指し全力の投球を見せる。しかし、初回相手先頭打者にヒットを許し、犠打と2つの四球で初回から一死満塁の大ピンチを迎える。先制点は避けたい経大だったが相手5番にライトへタイムリーヒットを打たれ先制を許してしまう。最少失点で抑えたい経大だったが、さらに相手6番に甘く入って変化球をはじき返され、さらに2点を追加され、初回から3点のビハインドとなった。4回には相手6番にレフトスタンドへ特大のアーチを叩き込まれ、さらに1点追加される。一方、経大打線もこのまま黙ってはいられない。仲間の大声援を背に相手投手に食らいつく。1回、2回、4回に走者を三塁に進めチャンスを作るも、あと一本が出ず、なかなか得点にはいたらない。5回、7番奥田(経済学部3年生)がセンターオーバーのツーベースヒットで出塁すると8番小田(経済学部3年生)がレフト前ヒットで続き無死一、三塁のチャンスを迎える。ここで9番青木(人間科学部2年生)のスクイズで1点を返す。なおも得点圏にランナーを進め、一気に点差を詰めたい経大だったが後続が打ち取られ、1点止まりとなる。6回相手7番にレフトへヒットを打たれ、続く打者にもヒットを放たれ打球処理をもたついた間に一塁走者が一気に生還、痛い追加点を奪われてしまう。ここで流れを変えるべく投手交代、平木がマウンドにあがる。しかし、勢いのある相手打線は止まることなく、1番、2番に連続でヒットを放たれ、無死一二塁とされる。この場面、幾度となくピンチを凌いできた経験豊富な山本亘(経営学部3年生)がマウンドに上がる。まずは相手3番から空振り三振を奪う。続く4番にツーボールとなったところでさらに継投へと出る。リーグ戦初登板の前平(経営学部3年生)がマウンドへ。2ボールからの厳しい場面での登板。相手に四球を与え一死満塁のピンチを迎えてしまう。ここを凌いで次の攻撃に繋げたい経大だったが、相手5番にセンターへ2点タイムリーヒットを浴び、万事休す。経大は最後まで諦めない攻撃を見せたが得点にはいたらず、2-7で試合終了。今節も勝ち点を落とし、優勝争いから後退することとなった。

暑い中球場での応援ありがとうございました。勝ち点を獲得することはできませんでしたが、次節こそ勝ち点を目指し、全力で戦って参りますので今後とも応援よろしくお願いいたします。

<報告・文責:硬式野球部マネージャー>

前節の大阪学院大学戦に続き、今節の京都産業大学戦も連敗で勝ち点を落とし、リーグ優勝は絶望的となった。野球に「たられば」は禁句であるが、この4試合すべてに共通していることは「あと一本が出ていれば」である。その一本が出ていれば、4連勝も十分にできた内容であった。この4試合、無抵抗で敗戦したわけではなく、何度も何度もチャンスを作りながらも、得点につなげる打撃ができなかったのだ。一死二三塁、一死満塁の場面で簡単に内野フライをあげてしまう。相手にとってはこんな楽なことはない。タイムリーで得点するにこしたことはないが、もう少し打席での工夫を見せてほしかったと残念に思う。今リーグは投手陣が頑張っているだけになおさらである。リーグ優勝の可能性は無くなったものの、あと2節残っている。秋季リーグ戦に繋げるためにも、このままおめおめと負けるわけにはいかない。残りの神戸学院大学戦、龍谷大学戦、意地を見せてくれ、プライドを見せてくれ。もうみんなの悔しい顔は見たくない。辛辣なことを言ったが、ただただ、みんなが喜んでいる顔を見たいだけだ。

現在の星取表