【バレーボール部】[女子]春季リーグ戦の結果(第2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック


2018年4月22日(日)バレーボール部女子チーム結成から2戦目(対京都大学)の試合が神戸市立外国語大学で行われた。

女子チームは、バレーボール部マネージャー、サークル所属の阿部(人間科学部3年生)、和田(人間科学部3年生)、畝川(経営学部3年生)、水原(経営学部3年生)、藤原(経営学部3年生)、寺岡(情報社会学部2年生)の学生6名に加え、男子チームの岡田コーチが監督となり結成された。これから部員を増やし、上位リーグに着実に上がっていってもらいたい。

第1セット、両者ともに硬さが見られ、1ポイントずつ取り合う展開でゲームがスタートする。阿部のサーブで相手を崩しリードを奪うが、その後、逆にサーブレシーブが続けて乱れ、5-8と流れを持って行かれる。ここで岡田監督がタイムを要求。一旦、落ち着きを取り戻すが、サーブミスで流れが断たれ、そのまま第1セットを15-25で落とす。

第2セットは、寺岡のサービスエース、和田のスパイクが決まり、序盤は本学ペースに。しかし、このセットもサーブミス、レシーブミスから流れを取られ、中盤に追いつかれ、そのまま逆転を許してしまう。第2セットも13-25と落としてしまう。

踏ん張りどころの第3セット。和田のブロック、フェイント、阿部のサービスエースでどんどん得点を重ね、6-1となったところで相手がたまらずタイムを要求。タイムの後も本学のペースで試合が進むが、中盤に疲れが見え始め、ミスが続いてしまう。14-14と追いつかれ、そのまま逆転を許す。相手はリベロや選手交代などアタッカーを休ませるが、こちらはリベロも控え選手もおらず苦しい展開に。相手に食い下がるも、22-25で取られ、ストレート負けを喫してしまった。

相手とレベルの差はなく、選手の数による体力差で負けたように感じた試合であった。選手を集め、練習し、ミスを減らせば上位リーグが見えてくるだろう。頑張れ、バレーボール女子チーム!

【第2日目の結果】大阪経済大学 0-3 京都大学
          [1セット]17-25
          [2セット]13-25
          [3セット]22-25
                              
現在の順位(暫定)】第2位(1勝1敗:勝ち点3)

≪次戦の予定≫
[日時]4月29日(日)第1試合(11時開始)終了後
[会場]京都大学吉田キャンパス体育館
[相手]大阪芸術大学