【ハンドボール部】春季リーグ戦(第2戦目)の結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック


2018月4月14日(土)関西学生ハンドボール春季リーグ戦第2戦が大阪市中央体育館で行われた。今日の相手は近畿大学。先週、同志社大学に勝って今シーズンは白星スタート。今日も勝って弾みをつけたい。

前半、中盤までお互いに譲らない展開が続く。シュート本数は近畿大学が本学を上回るが、キーパー小玉(人間科学部4年生)がゴール前に立ちはだかり、失点を防ぐ。終盤に差し掛かったところで、土田(人間科学部4年生)、村木(経済学部4年生)が豪快なシュートを立て続け決め、均衡に終止符を打つ。さらに村木のカウンター攻撃で加点。前半を13-10の3点リードで折り返す。

後半、また均衡状態が続く。前半の3点リードからなかなか差が開かない。しかし、中盤から本学がじわじわとリードを広げ始める。大野(経済学部3年生)がディフェンスを巧みにかわし、立て続けに2点をもぎ取って6点差。続けて土田が相手を翻弄するサイドスローからのシュートが決まり7点差。さらに吉村(経済学部3年生)がサイドから切れ込み8点差。ここで近畿大学ベンチがたまらずタイムを要求。しかし、流れは変わらず、終了を迎え、26-19で勝利した。

春季リーグ戦開幕2連勝!今年は春季リーグ戦でインカレ32年連続出場を決めてしまおう!

【第2戦目の結果】
  大阪経済大学 26-19 近畿大学
     [前半]13-10
     [後半]13- 9

現在の順位】第2位(2勝0敗0分:勝ち点4)