【準硬式野球部】(春季リーグ戦)準硬式野球部Special応援Day

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック


2018年4月14日(土)近畿六大学準硬式野球春季リーグ戦の第8節が尼崎ベイコム野球場で行われた。相手は同じ首位に並ぶ近畿大学。この試合を取ったチームが優勝に近づく春季リーグ戦山場の大一番である。

序盤、本学は相手ピッチャーに完璧に抑えられてしまう。一方、近畿大学は毎回ランナーを出すが、千葉(人間科学部4年生)が要所を締め、無得点に抑える。千葉の踏ん張りに5回打線が応える。先頭は、入学したての橋本(人間科学部1年生)。高校時代、夏の甲子園に出場し、ホームランを放ったことのある期待の新人。鋭い打球が左中間を破りツーベース。金子(経済学部4年生)のバントは内野の間に転がり1,3塁。谷口(人間科学部3年生)がセンター前に運び、1点を先制する。

6回も先頭の関(経営学部4年生)が後輩に負けじとツーベース。中口(人間科学部2年生)がバントで送り、4番橋本がセンター犠牲フライで1点追加。7回は三村(経済学部3年生)の内野安打で始まり、キャプテン米田(経営学部4年生)のタイムリーヒットで2点追加。岩月(経済学部3年生)の押し出し四球でもう1点。ダメを押す。8回にも三村、原口、米田にヒットが生まれ、また1点。

7回から千葉に変わって崎山(人間科学部2年)がマウンドへ。危なげなく2イニングを抑え、最終回は岡本(経済学部4年生)に。岡本も相手を寄せ付けず、6-0の完封リレーで試合終了。会心のゲーム展開にベンチ、スタンドともに笑顔が溢れた。今年も行こう、全日本に!

大経大 000 011 310 6
近畿大 000 000 000 0