【ラグビー部】リーグ戦第8戦 大阪学院大学に快勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年11月19日(日)追手門学院大学グラウンドにおいてリーグ戦第8戦が行われた。
相手は大阪学院大学。ここまで2勝の本学は是が非でも勝ち星を上げたいところである。
しかし、主力のバックス溝渕(経済学部4年)をケガで欠き、
その穴をキャプテン山内(経済学部4年)が埋める苦しい状況での試合である。

開始から15分経過までお互い決め手を欠き、膠着状態が続く。
まず、均衡を破ったのは大阪学院大学。トライの後、キックも成功し、0-7。
しかし、本学はすぐに目覚め、取り返す。スクラムから出たボールをつないで、
笹部(経済学部2年)が右隅にトライ。
山内が慎重にキックを決め、7-7の同点に。前半30分、相手にモールのまま押し込まれ失点。
このまま前半を終わりたくない終了間際、山内が密集から抜け出し、
ゴール横にトライし同点。キックも自ら決め、前半を14-12で折り返す。

後半も出だしは膠着状態であったが、均衡を破ったのは西川(人間科学部2年)。
俊足を活かし、ゴールポスト右側にトライ。山内がキックを決め、
21-12と突き放しにかかる。しかし、相手もまだまだあきらめない。
前半と同じようにモールのまま押し込まれ、トライ。キックも成功し、
21-19と詰め寄られる。
今度はお返しに、笹部が華麗な個人技を見せる。ハーフウェイライン付近で
ボールを受け取った笹部は、パスと見せかけたフェイントを次々かけ、
翻弄されたディフェンスを1人、2人、3人と抜いていく。
最後は独走状態でトライ。山内がキックを決め、28-19。

続けて密集から出たボールを平井(人間科学部2年)がつかみ、
深く切れ込んでいく。西川にボールが渡るとディフェンスを華麗に
かわし、そのままトライ。ベンチ、応援席の雰囲気は最高潮に。

終了間際に互いにトライ、キックを決めたところでノーサイドのホイッスル。
40-24で勝利した。

リーグ戦は次が最終戦。4年生にとってはクラブ生活の最後の試合。
悔いの残らないように集大成となるプレーを見せてほしい。頑張れ、BLUE EAGLES!