【サッカー部】リーグ戦(後期):第9節の結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年11月4日(土)「関西学生サッカーリーグ戦(後期)」の第9節がヤンマーフィールド長居で行われ、桃山学院大学に1-5で敗れた。リーグ戦終盤にきて12チーム中唯一の中0日での連戦。勝利だけを目指してピッチに向かう。ゲームは立ち上がりから前線からプレッシャーがかけられず、自由にボールを回され、桃山大に主導権を握られる。

前半7分の桃山大。相手の左サイドを起点に次々と連動した動き、かつ少ないタッチ数で崩され、グラウンダーで中央に折り返し。ファーサイドから走りこんだ選手に押し込まれ失点。先制を許す。この失点を皮切りに、24分は中央から、27分はCKから追加点を許し、前半で0-3。相手の速いパス回しについていけない状態が続き、攻撃の糸口がつかめないまま前半を終える。

守備を立て直して攻勢に出た後半も12分にCKから失点し0-4。それでもあきらめ井経大は迎えた後半19分。相手の不用意な横パスを狙っていたFW♯13田上(経3)がボールを奪い、そのままゴールに向かって直進。追いすがる相手DFを右手でうまくブロックしながらGKの脇を抜くシュート。これが決まって1点を返し1-4。しかし、この後の22分にもゴール前の混戦から失点し1-5。終始、押し込まれる時間が続きこのまま試合は終了。

5失点であったが、GK♯51田中大(経1)の再三のファインセーブで必死に止めた結果であり、その活躍がなければさらに失点を重ねていたことは明らか。試合開始時から体が重い経大に対して、高い技術に裏付けされた少ないタッチ数で自由にボールを動かされたことは厳しかった。次節は前線からしっかりと走ってプレッシャーをかけて自由にさせず、経大らしいサッカーをしてほしい。

【(後期)第9節の結果】
 大阪経済大学1-5桃山学院大学
   (前半)0-3
   (後半)1-2