【サッカー部】リーグ戦(後期):第7節の結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年10月28日(土)、「関西学生サッカーリーグ戦(後期)」の第7節が山城総合公園太陽が丘陸上競技場で行われ、近畿大学に1-2で敗れた。

立ち上がりは経大ペース。早いプレッシャーで中盤の主導権を握り、いいリズムでゲームを進める。前半9分の経大。ペナルティエリア付近でボールを受けたMF♯18宮原(経4)がドリブルでかわしてシュートを放つも相手DFに阻まれる。前半17分の経大。これまた、ペナルティエリア付近中央でボールを受けたMF宮原がシュートを放つも枠の外。前半23分の近大。自陣ゴール前で与えてしまったFK。ゴール前に飛び込んできた相手選手に合わされたが辛くもポストに助けられる。前半36分の近大。中盤でボールを奪われショートカウンター。右サイドに展開され、ニアサイドへの折り返し。そこでこぼれたボールを押し込まれて失点。先制される。前半41分の近大。ペナルティエリア中央から細かく崩され、決定的なシュートを放たれるも枠の外に外れる。前半44分の経大。FKのロングボールをゴール前へ。そのボールに飛び込むもタイミングが合わず。ここで前半終了。立ち上がりはいい入りであったが、そのいい時間帯に得点を奪えず、徐々に流れが近大に。

後半7分の経大。左サイドでボールを受けたMF宮原が前を向き、FW♯83島田拓(経3)を経由して、その左サイドのタッチライン際からオーバーラップで抜け出したDF♯56椿本(経4)が中央に折り返し。ニアサイドに走りこんだFW♯70村井宏(人4)が相手DFを引き付け、ファーサイドにいたMF♯29川崎(経2)がトラップしてシュートを放つもジャストミートせず枠を外れる。ここから目まぐるしく攻守が入れ替わる展開に。後半14分の近大。CKからゴール前で混戦を作られたが、DF陣が必死に体を張ってボールをかき出し、最後はGK♯51田中大がこぼれたボールをキャッチ。後半15分の近大。センターライン付近から相手右サイドから斜めに抜け出され、GKと1対1の場面を作られるもGK田中大が果敢に飛び出しセーブ。後半16分の経大。右サイドのDF♯28安田(経4)からMF川崎を経由してFW島田拓へ。中央へのグラウンダーで折り返し、そこに走りこんできたFW♯13田上(経3)が強引にシュートしたものの阻まれ、そのこぼれ球に反応したMF川崎がシュート。さらにそのこぼれ球をMF♯3西田(経2)がシュートを放つ波状攻撃をみせたが最後は相手GKにセーブされる。後半17分の経大。中盤のルーズボールを拾ったMF♯6音田(経2)からMF西田を経由してFW村井宏へ。中央に切り込んで追い越した西田からFW島田拓へと速いパスでつなぎ、最後は走りこんだMF川崎がファールを受けPK。これを川崎自身が決めて同点。振り出しに戻す。

その後、一進一退の展開で迎えた後半38分の経大。左サイドでボールを受けたFW田上が目の前の2人の相手DFの隙間をドリブルでこじ開けにかかる。ペナルティエリア内で二人かわして抜け出した、と思った瞬間に倒されたかのように見えたがこれはノーファールの判定。後半40分の近大。相手右サイドから経大DFの背後のスペースを使われ抜け出される。これを中央にグラウンダーで折り返されたところに詰められて失点。勝ち越しを許す。後半43分。自陣で奪ったボールを左サイドへ展開し、DF椿本からMF川崎へ。川崎が中央に切り込んで強烈なミドルシュート。これを相手GKがはじいたところにFW村井宏が詰めてゴールネットを揺らしたが、無情にもオフサイドの判定。このまま試合は終了。いい時間帯はあったものの追加点を奪えなかった。

この試合に敗れた結果、2部への降格が決まった。しかし、24年ぶりに立った1部リーグの舞台は5試合残っている。最後まで悔いがないように、そして今後につながるように、全員で、全力で戦ってほしい。

【(後期)第7節の結果】
 大阪経済大学1-2近畿大学
   (前半)0-1
   (後半)1-1