【ハンドボール部】全日本学生ハンドボール選手権大会の結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年11月3日(祝)全日本学生ハンドボール選手権大会が
いしかわ総合スポーツセンター(石川県金沢市)で開幕した。
1回戦は関東1部リーグ所属の明治大学。東西1部リーグ所属の両大学が激突する好カードである。

開始早々、キーパー小玉がセーブを連発し、明治になかなか得点を許さない。
一方、本学は原(経済学部4年)のゴール正面からの豪快なシュート、
鶴田(人間科学部2年)のディフェンスの隙を突くシュート、
梶本(経済学部2年)のふわりとしたシュートを繰り出し、リードを2点、
3点と広げていく。明治はたまらずラフプレーを連発し、いら立ちが隠せない。

しかし、前半の終了が近づくと明治もじわりじわりと差を詰めてくる。
そして前半が終了、11-10。本学1点リードで押し返す。

後半は、開始から取りつ取られつの展開が中盤まで続く。先行されれば、
すぐさま土田(人間科学部3年)、原がシュートを放ち追いつくことを繰り返す。
しかし、この後パスミスが続き、ここでたまらずタイムを要求。
苦しいのは明治も同じで、ファールを連発し退場が2回計4分。こちらにとっては
絶好のチャンスだが、突き放すことができない。ここでまたミスが出て、
カウンター攻撃を2本食らってしまう。
残り1分となってからキャプテン庄司(人間科学部4年)、梶本が怒涛の攻撃を
繰り出したが、無情にも時間切れとなってしまった。
25-27…。あまりにも残念な敗戦となった。

4年生はこの試合を最後に引退する。4年生の皆さん、お疲れ様でした。
皆さんが果たせなかったインカレ1回戦突破は、下級生に果たしてもらおう。