【バドミントン部】バドミントン全日本選手権大会 前年度覇者中央大学に惜敗!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年10月21日(土)に「秩父宮・秩父宮妃杯争奪第68回全日本バドミントン選手権大会」が一宮市総合体育館(愛知県一宮市)で行われ、男子団体は1回戦で前年度覇者の中央大学に0-3で敗れた。
本大会は「2複3単」で行われ、2セット先取の3セットマッチで先に3ゲーム取ったチームが勝ちとなる。

本学は、第1ゲームでエースの千葉 大選手(経営3)が出場し、宮 雄大選手と対戦した。1セット目の序盤は互いに点を取り合うが、中盤以降6連続ポイント、4連続ポイントと優位に試合を進めて21-15で先取。続く2セット目は、中盤以降に相手に効率よくポイントを奪われ、15-21で落としてしまう。勝負の3セット目であったが、終始相手ペースで試合は進み、このセットを7-21で落とし、第1ゲームは中央大学が取った。

第2ゲームは片岡 伸晟選手(人間2)が出場し、古屋 樹選手と対戦した。1セット目は、序盤の7連続ポイント等で相手の終盤の追い上げをかわして21-18で先取。続く2セット目は、第2ゲームを取るためにも絶対に落とせないセットであったが、1セット目の終盤に腰を痛めたことで動きに精彩を欠き、10-21で落とす。3セット目も7-21で落とし、第2ゲームも中央大学が取った。

これ以上落とせない第3ゲームは、主将の山本 裕介選手(経済4)と副主将の小川 紘平選手(経営4)のペアが中田 政秀選手、森岡 秀斗選手ペアと対戦した。1セット目は、リードを保ちつつ試合を進めるが、中盤で4連続ポイントを奪われ、相手に逆転を許す苦しい展開となる。終盤で4連続ポイントを奪ったが先にセットポイントを迎えたのは中央大学。しかし、このピンチを3連続ポイントで相手をかわし、22-20で先取。この勢いを持続したい2セット目であったが、中盤以降で相手が効率よくポイントを重ねたことが影響して16-21で落とす。ラストの3セット目は、序盤と終盤に連続ポイントを奪われて12-21で落とし、第3ゲームも中央大学が取った。この結果、0-3で1回戦敗退となった。

スコア上はストレート負けとなったが、同時進行の他試合が早々に終了する中、2時間半を越える粘りの試合を見せ、出場した全員が関東1部の強豪・中央大学相手に1セットを取ることができた。今回の大会で得たものを活かし、来春のリーグ戦に備えてほしい。

【秩父宮・秩父宮妃杯争奪第68回全日本バドミントン選手権大会 男子団体1回戦の結果】

≪Total≫
大阪経済大学  0-3  中央大学

≪シングルス≫
 千葉 大   1-2  宮 雄大
片岡 伸晟   1-2  古屋 樹

≪ダブルス≫
山本 祐介        中田 政秀
        1-2 
小川 絋平        森岡 秀斗