【硬式野球部】(秋季リーグ戦)第5節:春の王者に完敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年9月30日(土)、10月1日(日)、関西六大学野球秋季リーグ戦、第5節、大阪商業大学戦がほっともっとフィールド神戸で行われ、対戦成績0勝2敗となり、勝ち点を奪うことができなった。

≪1回戦:全員で粘るも、捉えきれず≫

強敵大阪商業大学に挑む経大先発はエース平田(人間科学部3年生)。初回、2番にセンター前ヒット許すと、続く3番にもライトにツーベースヒットを打たれ一死二三塁のピンチを招く。さらに4番にライト前ヒットを打たれ先制を許してしまう。5番には犠牲フライで追加点とされ、初回から2点のビハインドとなってしまう。さらに2回には相手9番のライト前ヒットと2つの四球で二死満塁のピンチを迎える。ここは抑えたい平田だったが初回にタイムリーヒットを打たれているに4番にフルカウントまで粘るも四球を与えてしまい、押し出しとなり追加点となった。しかし、その後、立ち直った平田は5回、6回を三者凡退で抑えるなど粘りのピッチングで9回までスコアボードに0を並べた。

一方、反撃をみせたい経大打線はこの試合、打線を組替え、1番に長谷川(経営学部3年生)、4番に後藤(経済学部3年生)を置き勝負に挑んだ。初回から長谷川がレフト前ヒットを放ち、続く打者が四球で続き得点のチャンスを作るが、後続が倒れ、あと1本が出ず苦しんでいた。6回にも後藤が四球で出塁すると6番大村凌(経済学部2年生)がセンター前ヒット、続く打者も四球で続き、一死満塁のチャンスを作り、一打逆転の場面を迎えるが後続が三振、セカンドゴロと続かずまたも得点に結びつかない。ようやく7回奥田(経済学部2年生)がこの試合4つ目となる四球で出塁すると3番木村(経済学部3年生)がセンターにスリーベースヒットを放ち、1点を返す。続く4番後藤もライトオーバーのツーベースヒットを放ち、さらに1点を追加、3-2となり、商大相手にあと1点に迫った。しかし、8回、9回は相手2番手の投手に抑え込まれ、惜しくも商大に追いつけず試合終了となった。

第5節(1回戦)の結果
 大商大 210 000 000 3
 大経大 000 000 200 2

≪2回戦:自慢の打線が封じ込まれ完敗≫

昨日の1回戦、1点差まで迫るものの惜しくも黒星に終わった経大は商大の強力打線を抑えようと先発に期待の1年生、西(経営学部1年生)を起用し挑む。初回からヒットを打たれチャンスを与えてしまうも、自身や味方の好守もあり、何とか0に抑える。しかし、2廻り目になった4回、相手4番にレフト前ヒットを放たれると、続く5番が犠打、6番には四球を与えてしまう。そして、7番のライト前ヒットで一死満塁となる。ピンチを迎えた西はここで粘りのピッチングをみせたかったが、相手8番にレフトへタイムリーツーベースヒットを許し、2点を先制される。流れに乗った商大打線は9番がライトへスリーベースヒットを放ち、さらに2点を追加。続く1番もライト前ヒットと長短打が続き、この回一挙5点を奪われてしまう。5回にも相手3番にライト前ヒットを許すと、続く打者に確実に犠打を決められる。そして、暴投により三塁へと走者を進め、ピンチを作ってしまう。自分のピッチングをしたい西だったが、続く打者に2つの四球、盗塁を許し、またも一死満塁としてしまう。しかし、その後はセンターフライと三振に抑え、ピンチを乗り切った。6回には2番がセンターへツーベースヒットを放ち二死二塁。これ以上得点を与えたくない経大は西に変えて山本亘(経営学部2年生)を登板させる。山本は確実にライトフライに打ち取りピンチを乗りきる。7回、先頭打者に四球を与えると続く打者が一塁線にボールを転がし、キャッチャー内野安打で一死一二塁としてしまう。その後、3者連続で四球を与えてしまい、押し出しで1点を追加される。ここ流れを変えるべく新谷(経済学部1年生)が継投し、この回を1点で凌いだ。8回は新谷の意地のピッチングで相手打線を3人で退けた。

一方、5点を追う経大打線は、5回まで二塁で走者が食い止められ、苦しい展開となっていた。6回には1番長谷川(経営学部3年生)が相手エラーで出塁すると、2番奥田の進塁打と3番大村が四球で一死一二塁のチャンスを迎える。ここで4番後藤(経済学部3年生)が相手のミスを誘いまたもエラーで出塁し、一死満塁のチャンスを迎える。しかし、5番宮川(経済学部1年生)が打った打球はショートに転がり、ダブルプレーとビックチャンスを逃してしまう。その後、7回、8回と藤川(経営学部3年生)を代打送るなど、策は打つものの3者凡退に抑えられ、相手投手に手が出ない。9回、3番大村凌がライトのエラーで出塁、4番後藤のファーストゴロの間に一塁走者は三塁へと進む。一死三塁のチャンスで代打今井(経営学部3年生)がレフトに犠牲フライを放ち、一矢を報いるも反撃はここまで。6番木村がライトフライに打ち取られ試合終了。目の前で商大の優勝を見せつけられる悔しい敗戦となった。

第5節(2回戦)の結果
 大経大 000 000 001 1
 大商大 000 500 10X 6

ここまで連続で勝ち点を落とし、チームとして勢いに乗れなまま挑んだ王者商大戦。春季リーグ戦のリベンジを果たすべく、選手全員、果敢に挑んでいったが、結果、2連敗となり、目の前での優勝を見ることとなった。目の前で優勝を見せつけられた選手たちは、どう思ったのだろうか。それぞれ感じ方は違うのかもしれない。その答えは春季リーグ戦で見せてもらうことにしたい。3戦が終わり未だ勝ち点0。しかし、まだ2節(龍谷大学戦、大阪学院大学戦)残っている。このまま終わることなく、全力で勝ち点2を獲りに行ってほしい。それが春季リーグ戦につながっていく。

星取り表

☆報告者のコメント☆
本日もチアリーディング部と吹奏楽総部の皆さんが応援に駆けつけてくださり、賑やかな応援となりました。暑い中応援ありがとうございました。悔しい結果となりましたが、残りの試合まだまだチーム一丸となって戦って行きたいと思いますので、みなさまの応援よろしくお願い致します。

≪次節の予定≫
【1回戦】
 [日時]10月8日(日)12時30分試合開始予定
 [会場]南港中央野球場
 [相手]龍谷大学

【2回戦】
 [日時]10月9日(月祝)10時試合開始
 [会場]南港中央野球場
 [相手]龍谷大学