【硬式野球部】(秋季リーグ戦)第4節:春のリベンジならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック


2017年9月23日(土祝)~25日(月)、関西六大学野球秋季リーグ戦、第4節、神戸学院大学戦がわかさスタジアム京都で行われ、対戦成績1勝2敗となり、勝ち点を奪うことができなった。

≪1回戦:エース平田、貫録の完封勝利!≫

1回戦の先発はエース平田(人間科学部3年生)。先頭打者から3連打を放たれ、初回から相手に先制点のチャンスを与えるも、ピンチを切り抜け無失点に留めた。その後は平田の独壇場。威力のあるストレートと切れ味抜群のスライダーが冴えわたり、2回以降は1安打に封じ込め、エースの貫録を見せつけた。
一方、経大打線は、前節に変えて2番に奥田(経済学部2年生)、4番に木村(経済学部3年生)を置き、この戦いに挑んだ。2回、早速4番木村がレフトオーバーの二塁打を放つと、続く5番大村凌(経済学部2年生)もレフト前ヒットで続き、盗塁も決め、無死二三塁のチャンスを演出する。このチャンスに春季リーグ戦首位打者の長谷川(経営学部3年生)がセンターにタイムリーヒットを放ち、2点を先制する。続く3回も3番宮川(経済学部1年生)が死球で出塁すると、木村がセンター前ヒットで続き、一死一三塁のチャンスを作る。続く大村凌のライト前ヒットで1点を追加。さらに長谷川が2打席連続タイムリーでこの回2点を追加、点差を4点と広げた。4回にも本日スタメン起用の奥田が3塁打を放ち、追加点のチャンスを作るものの後続が倒れ得点することができなかった。その後、交代した相手投手に打線は封じ込まれるも、前半であげた4点を平田が見事に守り抜き、経大は秋季リーグ戦初勝利を収めた。
本日はSpecial応援Dayで吹奏楽総部とチアリーダー部の皆さんが応援に駆けつけてくださり、とても盛り上がりました。応援の後押しを受けて勝利することができました。暑い中たくさんの応援ありがとうございました。

第4節(1回戦)の結果
 神院大 000 000 000 0
 大経大 022 000 00X 4

≪2回戦:終盤の追い上げ及ばず惜敗≫

先日の勝利に続き本日も白星で勝ち点を取りたい経大の先発は期待の1年生西(経営学部1年生)。序盤は確実に3人で相手打線を仕留め、3回、4回と相手に先制点のチャンスを与えるも落ち着いた投球で無得点に抑えていた。しかし5回、三塁内野安打と犠打で一死二塁のチャンスを与えてしまう。二死までこぎつけるも9番にライト前ヒットを許し、ついに先制点を許す。流れに乗った神院打線はさらに盗塁、センターへの2塁打で追加点。この回2点を奪われる。6回、流れを変えたい経大は西に変えて同じく1年生の新谷(経済学部1年生)をマウンドに送るが、死球、送りバント、右中間へのタイムリーヒットでこの回も1失点。さらに7回にもセンター前ヒット、送りバント、左中間へのタイムリーヒットでさらに追加点を奪われ、相手打線の流れを止められずに点差を4点に広げられる苦しい展開となる。
一方、経大打線は昨日4番の木村と5番の大村凌の福知山成美コンビを入れ替え、一挙大量得点を狙う。しかし、4回まで毎回走者を出すもののチャンスをものにできず得点に結び付けることができない嫌な展開となる。さらに5回から7回は三者凡退と相手投手の術中にはまり、いたずらにイニングだけが経過していった。ようやく8回、長谷川が死球で出塁すると代打今井(経営学部3年生)のライト前ヒット、相手バッテリーエラーで一死二、三塁とチャンスを迎える。続く代打川嶋(経営学部3年生)はセカンドゴロとなるも、長谷川が生還し1点を返す。なおも、二死三塁の場面で、代打で井関(経営学部2年生)が登場するも、凡退し追加点が奪えなかった。後がなくなった最終回、一死後、代打藤川(経営学部3年生)がライト前ヒットで出塁する。3番宮川が倒れ二死一二塁と崖っぷちまで追い込まれるも、期待の4番、5の福知山成美コンビ大村凌、木村が連続でレフト前にヒットを放ち、1点を返し2-4。なおも二死一二塁のチャンスに長谷川が死球を受け、二死満塁の一打同点のチャンスを迎える。ここで代打橋本(経営学部2年生)が打席に向かうも、ファーストゴロでゲームセット。終盤の怒涛の追い上げも届かず、痛い敗戦となった。
本日も吹奏楽総部とチアリーダー部の熱く、力強い応援を受けて、選手たちはやりきったが、あと1歩及ばなかった。暑い中、2日間、本当にたくさんの応援ありがとうございました。

第4節(2回戦)の結果
 大経大 000 000 011 2
 神院大 000 021 10X 4

≪3回戦:完敗で勝ち点落とす≫

この試合に勝った方が勝ち点奪取となる重要な一戦の先発は1回戦で完封勝利をあげている平田。2回にタイムリーで先制を許すと、4回、7回もチャンスをことごとく活かされ3失点でマウンドを降りる。8回の途中から平木(経済学部1年生)、山本亘(経営学部2年生)が登板するも相手打線を止められず、一挙5点のビックイニングを作られてしまう。逆転を狙う大経大は相手投手に封じ込まれ、思うように打線が機能しない。8回には、好調の今井と川嶋の代打攻勢をかけるも得点は奪えず、最終回を迎える。大量得点差がある中、津田(経済学部2年生)と木村のヒットで出塁するも、後続が倒れ、まさかの完封負けを喫してしまい。勝ち点を落としてしまった。

第4節(3回戦)の結果
 神院大 010 100 150 8
 大経大 000 000 000 0

1回戦はエース平田が完封勝利を収め、最高のスタートを切った本節。2回戦はリードを許すも、終盤の驚異の追い上げであと一歩まで詰め寄った。3回戦は投打ともに精彩を欠き、まさかの大敗。この秋季リーグ戦、なかなか波に乗ることができず、選手、指導者とも苦しい状態であることはわかる。思うような打撃、攻撃ができていないのかもしれないが、今年のチームは打撃のチームである。このまま沈黙するのか、意地の大爆発を起こすのか見守っていきたい。残された3節(大商大戦、龍谷大戦、大院大戦)自分たちのスタイルを最後まで貫き、これまでやってきたことを信じ、勝ち点をあげてもらいたい。必ず“できる”と信じている。

星取り表

☆報告者のコメント☆
チアリーダー部さん、吹奏楽総部さん、陰でサポートしてくれる学生部の方のおかげで応援はとても盛り上がり、部員もいつも以上の力を出すことができました!マネージャーや応援している側もとても楽しかったです。ありがとうございました。10月1日はチアリーダー部、吹奏楽部が応援に駆けつけてくれます!皆様も是非応援にお越しください!私たちもとても楽しみにしています。!

≪Special応援Dayのお知らせ≫
【日時】2017年10月1日(日)12時30分試合開始予定
【会場】ほっともっとフィールド神戸
【相手】大阪商業大学

※吹奏楽総部、チアリーダー部による応援を予定しています。
 是非、球場にお越しいただき、大声援をお願いします。