【硬式野球部】(秋季リーグ戦)第2節:連敗で勝ち点落とす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年9月11日(月)、関西六大学野球秋季リーグ戦が開幕し、明石トーカロ球場で京都産業大学と対戦した。

経大は春季リーグ戦から打順を大幅に組み替え、4番を打っていた後藤(経済学部3年生)を1番に置く。しかし、4回まで毎回ランナーを出すも、次が続かず二塁に進塁できずにいた。ようやく5回、8番藤川(経営学部3年生)が放った打球が相手野手のミスを誘い出塁すると、9番八木(経済学部3年生)の犠打で二塁へと進塁する。しかし、後が続かずまたも得点には至らなかった。

一方、守備では先発平田(人間科学部3年生)が2回まで無失点に抑えるものの。3回に先制点を許すと、続く4回には打者一巡の猛攻にあい一挙4点を奪われる。しかし、その後は立ち直り5回、6回はヒットを許さず無失点に切り抜ける。7回からは平田に変わりリーグ戦初登板の1年生新谷(経済学部1年生)が気迫のこもったピッチングで2イニングを無失点に抑え、チームに流れを引き寄せる。9回、中村(経済学部2年生)、長谷川(経営学部3年生)の連続ヒットで無死一、二塁とし、続く代打今井(経営学部3年生)が死球を受け無死満塁とする。ここで代打の川嶋(経営学部3年生)がライト前ヒットを放ち、1点を返す。さらに八木が四球を選び、押し出しで1点を追加する。続く後藤は内野ゴロに倒れ一死満塁。続く打者も内野ゴロに倒れるも、その間に1点を返し、2点差に追い上げる。二死二、三塁となり一打出れば同点の場面で本日3安打放っている宮川(経済学部1年生)が打席に立つも内野ゴロに倒れ、試合終了となった。

第2節(1回戦)の結果
 大経大 000 000 003 3
 京産大 001 400 00X 5

雨天順延となった2回戦は9月13日(水)へ。ここで負けると勝ち点を落としてしまう重要な一戦の先発は1年生リーグ戦初登板の西(経営学部1年生)。初回から3番が出塁すると4番のセンター前ヒットで先制点を奪われる。2回、3回は三者凡退に抑えるも、4回に2本のセンター前ヒットと犠打、暴投が絡み、さらに1点を追加され0-2となる。その後はチャンスを作られるものの西が粘りのピッチングで無失点で切り抜けた。8回は一昨日途中交代の新谷が確実に3人で相手攻撃を仕留めた。

一方、経大打線は昨季リーグから打順を大きく変えた1回戦からさらに打順を組み換え2回戦に挑んだ。しかし、相手投手に7回までノーヒットと完璧に抑えられてしまう。8回二死二塁から代打の川嶋がチーム初ヒットを放つも、二塁走者が本塁タッチアウトとなり得点にはつなげられなかった。九回、二死に追い込まれながらも春季リーグ首位打者の長谷川がセンター前ヒットを放ち出塁。そして一昨日好調の宮川もレフト前ヒットと続き、4番中村に繋げるもサードゴロで得点とはならず試合終了となった。

第2節(2回戦)の結果
 大経大 000 000 000 0
 京産大 100 100 00X 2

春季リーグ戦の開幕カードでは、京都産業大学に連勝し勝ち点を奪った。新人戦においても、コールド勝ちを収めた。秋季リーグ戦においても、強豪京都産業大学から勝ち点を奪い勢いに乗りたいところであたったが、返り討ちにあってしまった。開幕連敗の厳しいスタートとなったが、次節は試合が組まれておらず、再調整できる時間があることをプラスに捉え、活かしてもらいたい。次節は神戸学院大学との一戦。この節は吹奏楽総部、チアリーダー部による応援を行う予定である。仲間の全力の応援を受け、選手たちは応援をチカラにして勇気をもって挑んでほしい。神宮への道は始まったばかり。ここからの巻き返しに大いに期待しているし、やってくれるものだと信じている。

星取り表

☆報告者のコメント☆
次の試合9月23日、24日のスペシャル応援デイ、野球部一同とても楽しみにしています。よろしくお願いします!

≪Special応援Dayのお知らせ≫
【日時】2017年9月23日(土)12時30分試合開始予定
    2017年9月24日(日)10時試合開始
【会場】わかさスタジアム京都
【相手】神戸学院大学

【日時】2017年10月1日(日)12時30分試合開始予定
【会場】ほっともっとフィールド神戸
【相手】大阪商業大学

※吹奏楽総部、チアリーダー部、体育会本部による応援を予定しています。
是非、球場にお越しいただき、大声援をお願いします。