【ラクロス部】リーグ戦第2戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年8月27日(日)本学摂津グラウンドでリーグ戦第2戦が行われた。
本学でラクロスの公式戦が行われるのは、今回が初めてである。
女子ラクロス部員、友人、家族、学内関係者がコートサイドに陣取り、熱い声援を送った。

今日の対戦相手は甲南大学。初戦は大阪市立大学に敗れただけに、今日は何としても勝って、
今期初勝利を上げたいところである。

第1Qは甲南ペースでスタート。中盤から本学も硬さが取れ、両者互いに譲らない展開に。
幸田(経済学部3年)がシュートを放つが決まらず、膠着状態が続く。
一瞬の隙をついて栗山(経済学部3年)のシュートが決まり、本学が先制点を上げる。
しかし、このあと甲南が立て続けに押し込み、1-2で第1Qを終了。

第2Qも相手ペースが続く。3点を許し、このまま終了かと思われたが、栗山が振り向きざまに鋭いシュート。相手側応援席から「うわぁ…上手過ぎる。あれは防ぎようがない。」と溜め息が漏れる見事なシュートであった。しかし、点差は縮まらない。

疲れが見え始めた第3、第4Qは互いに譲らず膠着状態に。相手シュートをキーパー天野(人間科学部3年)が防ぎ、戸羽(経営学部3年)、江口(人間科学部3年)栗山、幸田とボールを回しながらチャンスを窺う。
第3Qには江口がディフェンスの逆をついてシュート。第4Qには栗山が押し込み、もう1点。相手も各1点を上げ、点差が縮まらないまま4-7で敗戦となった。

次の試合では、連敗を断ち切るよう、チーム一丸となって戦ってもらいたい。