【準硬式野球部】全日本選手権1回戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年8月22日第69回全日本大学準硬式野球選手権大会の第1戦がアークバリアベースボールパーク志度(香川県さぬき市)において行われた。この試合に、体育会本部、チアリーダー部、吹奏楽総部が応援に駆けつけた。

対戦相手は札幌大学。暑さに慣れていない上、本学の100名近い応援にアウェイ感を強く感じざるを得なかっただろう。

1回表ピッチャー木村(人間科学部4年)の立ち上がりはボールが先行したが、レフトライナーをレフト難波(経済学部4年)がダイビングキャチし、一気に立ち直りをみせた。
1回裏本学の攻撃は、先頭の米田(経営学部3年)がセンター前ヒット、その後四球が続き、押し出しで労せず1点目を取った。続く南口(人間科学部4年)がレフト犠牲フライを放ち、さらに1点追加し、2点をもぎ取った。
2回裏にも関(経営学部3年)のセンター前ヒットを足掛かりに、中川(人間科学部4年)のレフト犠牲フライで1点追加。3-0と主導権をつかんだ。

その後、木村は危なげない投球で、札幌大学に付け入る隙を与えることなく、回が進んだ。一方で、本学の打線もランナーは出すものの、タイムリー欠乏症で「0」行進。そのまま、3-0で試合を終え、1回戦を突破した。

明日の2回戦は北海道大学との対戦。打線がつながり、大量得点を取るいつもの「大勝ちパターン」に持ち込めることを期待している。