【ハンドボール部】祝!32年連続52回目の全日本インカレ出場決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年7月7日(金)~9日(日)「第56回西日本学生ハンドボール選手権大会」が福岡市で開催された。関西学生ハンドボール春季リーグ戦において全日本インカレの出場権を獲得できなかった本学は「インカレ出場決定戦」(春季リーグ戦でインカレ出場を獲得できなかった各所属連盟の16校が4リーグ(4校/1リーグ)に分かれ、各リーグの1位校がインカレ出場権を獲得できるというもの。)に出場し、見事、3戦全勝で32年連続52回目の「高松宮記念杯全日本学生選手権大会」への出場権を獲得した。

本学ハンドボール部には毎年超えていかなければならない「記録の壁」がある。それは、全日本インカレの連続出場記録である。昨年まで築き上げた記録は「31年連続51回目」。この大記録は大学にとっては誇らしいものであり、学生たちにとっても励みになるものの、一方で、我々では計り知れない重圧となっていることは間違いない。先代たちが築き上げたインカレ連続出場記録を途切れさせてはいけないという計り知れない重圧の中、インカレ出場決定戦では、ハンドボールの神様のいたずらか東海地区、中四国地区の強豪校と同リーグとなる試練も与えられた。しかし、神様は乗り越えられない試練は与えない。戦前は厳しい戦いが予想されたが、武器である鉄壁のディフェンスと1点を確実に取る攻撃が機能し、結果3戦すべて相手を圧倒した。「当たって砕けろ」をスローガンに開き直り、全員の力で32年連続52回目のインカレ出場を決めてくれた選手全員を誇りに思う。ハンドボール部の皆さん、全日本インカレ出場おめでとう!

≪インカレ出場決定戦の結果≫
 【1戦目】大阪経済大学21-18中京大学
 【2戦目】大阪経済大学31-19高松大学
 【3戦目】大阪経済大学29-17九州産業大学

 第1位:大阪経済大学 3勝0敗
 第2位:中京大学   2勝1敗
 第3位:高松大学   1勝2敗
 第4位:九州産業大学 0勝3敗