【アメリカンフットボール部】黒正杯奪還ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック


2017年6月4日(日)、Expo Flash Fieldで関西学生アメリカンフットボール西日本大会が開催された。対戦相手は岡山大学BADGERS。この岡山大学とは秋季リーグ戦でも同ブロックに所属となり、秋季リーグの前哨戦ともいえるこの黒正杯では秋のシーズンを見越した戦いが展開された。キックオフに先立ち、各チームの紹介の後、前年度勝者の岡山大学から本学アメリカンフットボール部の塚谷文武部長に返還された。続いて、塚谷部長によるコイントスセレモニーがあり、試合が開催されることとなった。

本学ではこの試合は“Special応援Day”として、多くの観戦を募ったため、OB、OG、大学関係者、そして部員の友人など、総勢60名を越える観客がチームに声援を送り続けた。特に後半はチアスティックを使って一丸となった声援でチームに追い風を送り続けた。試合展開の詳細は控えるが、終始、岡山大学に押され気味の展開となり、最終的には0-26と大差がついてしまった。しかし、随所にいいプレーも光り、秋季リーグ戦の試金石となったことは間違いない。第4Q最後の攻撃では、ゴール前1ydsに押し進めたが、最後の1歩が進めず、そのままゲームーオーバーとなった。

大阪経済大学BOMBERS 0-26 岡山大学BADGERS
       [1Q] 0- 7
       [2Q] 0- 7
       [3Q] 0- 0
       [4Q] 0-12

この結果、『黒正杯』としては2勝2敗のイーブンとなった。来年こそは黒正杯の奪還を期待したいが、まずはその前に秋季リーグ戦でのリベンジを胸に、日々の練習に取り組んでほしい。頑張れ!BOMBERS!