【準硬式野球部】春季リーグ戦 優勝まであと1勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

2017年4月15日(土)近畿六大学準硬式野球春季リーグ第9節、和歌山大学戦が尼崎ベイコム球場で行われた。

和歌山大学は1回1アウト1、3塁のチャンス。いきなり失点を覚悟したが、そこはさすがエース木村(人間科学部4年)。落ち着いてダブルプレーに仕留めた。その後、木村の前に和歌山大学打線は沈黙が続いた。

一方、本学は序盤こそ得点につながらないものの、毎回ランナーを出す。3回は東(人間科学部3年)のレフト犠牲フライで1点。4回は関(経営学部3年)のレフト前ヒットをレフトが後逸し1点追加。続く木村がスクイズでさらに1点。5回は米田(経営学部3年)の2塁打をきっかけに、金子(経済学部3年)のサードゴロエラーでもう1点。これで勝負あり。8回からは岡本(経済学部3年)がマウンドに。危なげなく2イニングを打ち取り、5-0でゲームセット。

春季リーグ8勝1分で単独首位を守った。最終戦、甲南大学に勝てば優勝が決定する。決戦は今週金曜日(4月21日)。朗報を待っている。