【準硬式野球部】(春季リーグ戦)第4節の結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック


2017年3月20日、舞洲ベースボールスタジアムで準硬式野球春季リーグ戦が行われた。吹奏楽総部、チアリーダー部が応援する今シーズン1回目のSpecial応援day。選手の表情にも気合がみなぎっている。これまで3勝0敗で並ぶ本学と和歌山大学の首位決戦。本学木村(人間科学部3年生)、和歌山大学吹本のエース対決で、投手戦が予想された。

1回、米田(経営学部2年生)の二塁打、金子(経済学部2年生)のタイムリーであっさりと1点先取。2回は関(経営学部2年生)のライト前ヒットの後、難波(経済学部3年生)のバントが相手エラーを誘い出塁。三村(経済学部1年生)のタイムリーで2点目。続く中川(人間科学部3年生)は右中間を破り猛然と三塁にスライディング(ユニホームが破け、お尻をすりむくおまけ付き)。送球がそれた間にホームを陥れ、5点目と得点を重ねた。

一方、和歌山大学は木村の力投に手も足も出ず、ゼロ行進が続く。8回からは木村を温存し、岡本(経済学部2年生)に交代。岡本は9回にノーアウト満塁のピンチを招くが、ファーストライナーダブルプレーであと一人。最後の打者を三振に仕留めガッツポーズで締めくくった。終わってみれば6対0。12安打で快勝。応援した吹奏楽総部、チアリーダー部、OB、教職員に最高のプレゼントとなった。

[第4節の結果]
和歌山 000 000 000 0
大経大 140 000 01X 6

☆報告者のコメント☆
学長、学生部、チアリーダー部、吹奏楽総部、その他学校関係者の熱い応援のおかげで選手一同一丸となって勝ち取った勝利です。応援ありがとうございました。今回の勝利で単独首位ということで、全勝優勝を目標にこれからも頑張っていきます。